忍者ブログ
2010年5月5日スタート!
今日は久々に・・・
業者様と打ち合わせをしました。
(こんなことでは駄目だのですが・・・)

最近の反省として・・・
メーカー業の商品開発が遅れていることが挙げられます。

正しい意見としては・・・
商品ありきの開発をしなければ、売れ続けるものはできません。
企画本意や、得意先様からの提案を受けての開発は、
売れ続ける可能性が低いように思われます。
(最近、ホント本質を理解しない・・・うわべだけの企画商品が多すぎます)

で・・・
実際、数年前までは管理人も熱心に走っていた道です(笑)


しかし!!!
良い製法が完成するまで・・・
良い商品が上がるまで待つ!

と言う方法(ここ数年これ!)をとると・・・
最初に話した通り、商品が上がってこないいいいいい(涙)

これジレンマ・・・
どうしましょう~!?

そこで管理人・・・
商品を2パターンに分け。
うわべ商品。
本質商品。
として・・・心の中で分けて考える!
ことを始めてみました。。。

季節感や売り場を意識した商品を「うわべ」
製法や原菜に注力することを「本質」

うわべは、まさに営業用。
例えば量販店様に好かれるためには、うわべを意識しないと駄目です。
製法うんぬんを話したところで、それを理解できる受け皿がない状態なので・・・

本質は、まさに製造用。
製造屋が培ってきたこだわりや、思い入れを形にする場所。
ただし、自己満足に要注意の代物です。

うわべの開発は1ヶ月~半年以内。
本質は・・・たぶん1年~5年。

企業経営者や株主は、すぐに結果を欲しがるので・・・
どちらが重宝されるのかは歴然としています。
しかも開発コストが安価!

つまり・・・
経営が望むもの。
営業が望むもの。
製造が望むもの。

実は・・・違います。
だから、先日話した「アクセルとブレーキ」が必要なのです。

「売れる新商品を開発しよう」と言っても・・・
想いは違います。
3者に対し、方やアクセル。方やブレーキ。
いや、一斉にブレーキ・・・!?・・・アクセル!?

妙な考え方を始めたがために・・・
現実の説明が、とてもややこしくなってきました(涙)

まとめれば・・・
最近は、売れ続けるモノの開発論法は理解できた!
しかし、実行に移すには、時間と投資が多少必要。
結果を求められている今、正しい道より、賢い道を選ぶ必要が出てきた!

と言いたいのです。

いいかげんなモノを出す!って言ってるんじゃないですよ。
需要を作りだすのではなく、需要のあるところに商品を流そうとするのです。

若干、寂しい感じもしますが・・・
少し、若かった頃の(笑)管理人に戻りたいと思います!

そんな思考で、頑張ってみます☆

長文失礼しましたm(_ _)m

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪発想力  | HOME |  流行≫
[526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/23 黄(ファン)工場長]
[06/01 同じくおっさん]
[03/20 次期社長]
[02/14 黄(ファン)工場長]
[12/28 帝王]
最新記事
(04/02)
(04/01)
TV
(03/31)
(03/30)
(03/29)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
管理人の大輔
性別:
男性
職業:
営業さん
趣味:
BASS釣り 
自己紹介:
某お漬物屋さんの…
営業兼企画屋さんが管理人の正体です(笑)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]